MENU

私は10歳から20代前半まで、ニキビに悩まされる日々が続きました。

 

ニキビができている間はさまざまなケアを行ってきましたが、

 

どの方法を取っても全く改善されることはありませんでした(泣)

 

 

よくニキビの原因は食事と言われたりしますが、少なくとも私には当てはまりませんでした。

 

 

なぜなら同じ食事を摂っていて、私よりもお菓子などをよく食べていた妹には全くニキビができなかったからです。

 

ニキビができる前は確かにポテトチップスが好きでしたが、ニキビを改善しようと食べないようにしても収まるどころか逆に悪化していたような感じでした。

 

私がニキビケアとして行っていたこと

 

私はニキビを改善するためにさまざまなことをしていました。

 

食事に気を付けるだけではなく、ニキビに効くという高級な化粧品を母に購入してもらって1年ほど使用していましたが、全く効果はありませんでした。

 

また皮膚科にも通院したことがありましたが、ビタミン剤やステロイドの塗り薬を処方されるだけで、効果はありませんでした。

 

 

さらに18歳になってからはニキビ対策もできるというメイクアップ用品もそろえて対処しましたが、ニキビが消えることはありませんでした。

 

何をやっても効果がありませんでしたが、実母が同じようにニキビに悩まされていたことがあり、20歳を過ぎたら自然とおさまってくると思う、というアドバイスをもらったのでその時できているニキビを刺激しないようにして、ニキビが収まるのを待ちました。

 

 

意外なところにニキビの原因がありました

 

実母の言う通り、20歳を過ぎたら少しずつニキビのできている範囲が狭くなりました。
そして25歳になったころにはほとんどニキビがなくなりました。

 

ニキビがおさまったので、これで安心していろいろな化粧品を使えるようになったと喜んだのも束の間、その後もニキビがぽつぽつとできることがありました。

 

それはなぜか化粧品やシャンプーの銘柄を変えたときに時々起こるものでした。

 

私のニキビの原因の一つは、化粧品やシャンプーなどに含まれるエタノールでした。

 

よく考えてみるとニキビがひどかった時に確かに化粧品には気を付けていましたが、シャンプーには気を遣わなかったし当時は背中にも胸元にもニキビができていたことがあったので、これは合わないシャンプーを使用したのが原因だったのだと思っています。

 

そういうわけでニキビの原因がエタノールであることに気づいてからは、使用する化粧品やシャンプーは必ずエタノールが入っていないかチェックするようになりました。

 

このページの先頭へ